ITエンジニアになろう@LPI-Japan

Linux技術者認定「LinuC」をはじめとする認定活動や学習教材の提供を通じて、ITエンジニアの皆さんの活躍を支援しているNPO法人LPI-Japanのnoteアカウントです。 https://linuc.org

ITエンジニアになろう@LPI-Japan

Linux技術者認定「LinuC」をはじめとする認定活動や学習教材の提供を通じて、ITエンジニアの皆さんの活躍を支援しているNPO法人LPI-Japanのnoteアカウントです。 https://linuc.org

    最近の記事

    ベンチャー企業で働くことを考える

    就職先を考える上で、ITエンジニアを目指すのであれば「ベンチャー企業」という言葉が頭に浮かんでくることもあるのではないでしょうか。誰も思いつかなかったことを事業化するのがスタートアップ、つまりベンチャー企業です。。 今回はそんなベンチャー企業と、そこで働くことと認定資格との関係について書いてみます。 ベンチャー企業とは就活中の皆さんはベンチャー企業ってどんな会社かご存じでしょうか。 ベンチャーは冒険を意味する言葉です。冒険はある種のチャレンジです。 簡単に言うと、冒険心

      • プロジェクトマネージャーってどんな仕事?

        プロジェクトマネージャーは言葉どおり、プロジェクトの管理をする人です。プロジェクトを成功に導くという目標のため作戦を練り指揮する、サッカーチームでいうところの監督がプロジェクトマネージャーです。 いわゆる開発に直接携わる役割の人ではないですが、とても大事な仕事なので紹介したいと思います。 プロジェクトマネージャーとは「プロジェクト」を辞書で引くと「新しいものを考え出し、実用化するための研究や事業」と説明しています。 大きなものでは鉄道のような社会インフラから宇宙開発まで

        • SIer(エスアイヤー)について知ろう

          ITエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、SIer(エスアイヤー)を目指すのも1つです。今となっては広く使われるDXへの取り組みやクラウドをもっと使いたいと思っている企業を支援するなど、SIerが活躍する機会はますます広がっています。 SIerとは?SIerのSIは「System Integration(システムインテグレーション)」の略語で、Systemに続くIntegrationは”統合”を意味する言葉です。 ウィキペディアではSIerを と定義しており、加え

          • 就活中の人もきっと気になる「エンジニアとキャリア」のお話

            大学生の皆さんにとって「キャリア」という言葉は聞いたことはあっても、あまりなじみは無いのではないでしょうか。 キャリアを辞書で調べると、経歴や経験、また職業と説明していますが、世間一般的には職務経歴のような意味合いで使われることが多いと思います。 簡単に言えば、就職や転職などの経歴や、仕事を通じて身につけた知識や技術や経験のことですね。 そのキャリアという言葉について、エンジニアの観点から少し書いてみたいと思います。 エンジニアとしてのキャリアの始まりあなたがITエン

            サーバー、作ってみよう

            以前「サーバーとは」という記事で、ITインフラとして利用されているサーバーがどのようなものかを簡単にご紹介しました。 サーバーは提供するサービスによって規模が変わります。世界中の人が利用するSNSや動画投稿サイトであれば、想像もつかないような大きな規模になります。 一方で、個人が自宅で使えるような規模のとても小さいサーバーもあります。「自宅サーバー」と呼んだりもしますね。 サーバーと聞いて難しそうだなとか、自分には縁がないなと感じた方も多いかもしれませんが、実は意外に手

            インフラエンジニアの"やりがい"

            こんにちは、LPI-Japanのハトガイです。 先日、会話をしていた時にITインフラを管理することってどういうことなんだろう、という話になって、こんな会話になりました。 今回はそんなわたしたちに身近なITサービスを支えるインフラエンジニアのやりがいに注目したいと思います。 別の記事でインフラエンジニアの仕事内容についてご紹介していますので、インフラエンジニアって何?と思われた方は先にそちらをご覧ください。 ITサービスが使えるのはITインフラがあるからコロナ禍の影響も

            「オープンソース」のお話(エンジニアだけでなくユーザーも関係します)

            皆さんはオープンソース、もっと言えば「オープンソースソフトウェア」って知っていますか? IT系の用語はいつものように複数の単語からできていることが多いので、今回も細かく分けて考えてみましょう。 オープンソースソフトウェアの言葉を分解してみましょうオープンは、開けたとか開いていることを意味しますが、誰にでも広く門戸が開いているような意味合いでとらえてください。 ソースは素(もと)になるものをさしています。 ソフトウェアはコンピューターで動作するプログラムのことで、たくさ

            LinuCはITエンジニアの基礎から身につく認定です

            こんにちは、LPI-Japanのハトガイです。今回の記事では私たちLPI-Japanが開発・運営をしているLinux技術者認定「LinuC(リナック)」について少し紹介をさせていただこうと思います。 そのLinuC(リナック)という認定はどういう認定かというと、一言で言うとITエンジニアを目指すのであれば誰もが知っていてほしい知識やスキルを集約した認定です。 これからITエンジニアを目指すという学生の皆さんはぜひ、読んでみてください。 LinuC(リナック)を取ると何が

            「基本情報技術者試験」の受験を検討されている方へ(段取りが大切!)

            こんにちは、LPI-Japanのハトガイです。先日、基本情報技術者試験の紹介の記事を書きました。 その中でも書きましたが、基本情報技術者試験はITエンジニアを目指す人のIT基礎力を問う登竜門的な試験です。 そこで今回は基本情報技術者試験の受験を検討している学生の皆さんに向けに、試験の概要とおすすめの勉強法というか段取りについて紹介したいと思います。 基本情報技術者試験の概要改めての紹介になりますが、基本情報技術者試験の出題範囲は広いので、その概要を紹介したいと思います。

            文系卒でも活躍できるのがITエンジニア

            このnoteの記事を読んでくれている人の中で、ITエンジニアと聞くと当たり前に理系の学校の卒業生、と思い込んでいる方が多いのではないでしょうか。 理系出身の方が多いのは当然ですが、実際のところ文系出身の人やまったくの未経験からITエンジニアになり活躍されている方も多いので、今回の記事ではその点について紹介したいと思います。 そもそも理系や文系を選んだ基準は?おおよそ、高校や大学への進学が文系か理系かを選択する大きな転機になると思いますが、振り返ってみると、当時、将来の夢を

            「サーバー」をざっくり説明します

            普段からスマートフォンなどを使っている皆さんであれば、一度は「サーバー」という言葉を聞いたことがあると思いますが、そのサーバーという言葉からどんなことを想像しますか? サーブ(Serve)は給仕する、つまりサービスを提供するという意味ですね。そしてサーバー(Server)は、Serveに人や物を表す「er」をつけた単語です。 このサーバーという言葉はITの世界で頻繁に使われるようになりましたが、その使われるようになったのは「クライアントサーバー」という言葉がきっかけかもし

            ITだけでなくマネジメントや経営まで問う国家資格「基本情報技術者試験」

            いつもnoteを読んでいただき、ありがとうございます。LPI-Japanのハトガイです。今回は、以前公開したITパスポートに続き、情報処理推進機構(IPA)が実施し、経済産業省が認定する国家試験でITエンジニアを目指す人のIT基礎力を問う登竜門的な試験とも言える基本情報技術者試験について紹介したいと思います。 問われることさっそくですが、基本情報技術者試験で問われる内容をご紹介します。 大きく分けると、次の3分野になります。 コンピューターの仕組み、基礎理論、プログラミ

            コンピューターの専門家!|プログラマーの仕事とは

            以前「プログラマーとエンジニアの違いについて」という記事を載せましたが、多くの人に読んでいただきました。なので今回は「プログラマー」に特化してその仕事を紹介したいと思います。 プログラムとはプログラマーとは、お客さまから求められたシステムが期待通りに動くよう、プログラムと呼ばれるコンピューターにやらせる仕事の命令書を書いていくという職業と言えるでしょう。 プログラムは命令書 そもそも「プログラム」とは一体何でしょうか? なんとなくイメージは付くけど、という人も多いと思

            まさに縁の下の力持ち!!IT社会を支えるインフラエンジニアのご紹介

            「エンジニア」と一言で言っても、実はさまざま。 アプリケーションエンジニア、Webエンジニア、スマホアプリ系エンジニア、制御系ソフトウェア開発エンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア、と聞いて皆さんはどんな仕事が思い浮かびますか? 実はこれらは、パーソナルキャリアが2022年6月に公開したスキル年収マップのITエンジニア編で紹介されていたITエンジニアの職種の一部ですが、今回はこの中の「インフラエンジニア」にフォーカスしてみようと思います。 参考:スキル年

            システムエンジニアとは?

            ITエンジニアを目指す就活生の皆さんにとって、プログラマーと比べて「システムエンジニア(=SEとも呼ばれます)」という職種のイメージがつきにくいという話を聞いたので、今回はシステムエンジニアについて紹介します。 システムエンジニアとはシステムエンジニアとは、技術的な知識やスキルをベースに「お客様のやりたいこと」を実現するシステムの設計をするエンジニアです。実際に動かすためのプログラムを作るのはプログラマーに任せることが多いので、任せるための設計書を書くことになります。 と

            IT系の資格取得は就活で役に立つ??

            こんにちはー、あっという間に梅雨も明けですね。今年の夏は長くなるのでしょうか??LPI-Japanのハトガイです。 さて、IT系資格の種類とその内容についてご紹介していますが、そうした資格の取得が本当に就活に有利になるのか、就活中の皆さんは特に気になることと思います。 資格取得=内定、にはならない。結論からいうと、残念ながら「IT系の資格取得が就活に絶対有利です!」「絶対に内定をもらうことができます」とはいえません。 それでは、全く意味がないかといえばそうでもありません